日々の事、人、物、音、言葉、場所、思いなどを徒然に重ね、
立体的に絡まった脳を解いていく孤独な作業場。基本ゆるく。
星間飛行
星間飛行 (JUGEMレビュー »)
ランカ・リー=中島愛,松本隆,一倉宏,安井かずみ,阿佐茜,菅野よう子,保刈久明
松本隆さんの歌詞と菅野ようこさんの曲が素敵まっちんぐだー☆ミ
I LOVE TM NETWORK
I LOVE TM NETWORK (JUGEMレビュー »)
KEI KOHARA+LIFE,KEI KOHARA,LIFE
交響詩篇エウレカセブン 7
交響詩篇エウレカセブン 7 (JUGEMレビュー »)

26話『 モーニング・グローリー 』オアシスの名曲のタイトル、グッとくる。
Get Adobe Flash player
...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.08.31 Sunday... - / -
...未だ詣でづ
アケマシテオメデトウ。
えーと。チュウチュウ。

10日、戎ッサンにカウントダウンか思うくらい揉まれながらお祈りしたものの、
地元の氏神様にはまだ詣でに行ってない。
雨の日はやめた方がエエらしいから。
今日チャリでいくつもりやったども。

最近、貧エレクトロ。貧宇宙。
DJ Codomoのアルバムを楽しみにしとるです。
レディオヘッドの新作も宇宙。
サン・ラーも宇宙。
涼宮ハルヒの憂鬱も宇宙。

では。
2008.01.12 Saturday... comments(2) / trackbacks(0)
...HALCALI ハッピー&ピース
グッドイブニング。

今日気になってたライブハウス
梅田シャングリラに行ってきた。

HALCALIをみに。

ハコ自体小ちゃかったけど、音は良かった気がする。
イベント自体はAPOGEEってゆーバンドが企画したもので、
その対バンにHALCALIと最近人気の口ロロ(クチロロ)が出演。

んんんんんいや〜。
HALCALIええわ〜。
何がええって一見ゆるゆるしとる風やけど、
全てにおいて

”キレ”がよい。

サウンドもラップもコミカルなダンスですら。
また好きになりました。
ハルカリ、アリガッタサン。
ハルカリのライブはハッピーです。
そしてピースです。
and moreです。

口ロロは知ってたけど初めて聞いた。
前評判通りオモロかっこ良くブレイクビーツとゆーか、
ひたらくゆーとブラック系でノーナリーブスやクールドライブ当たりを思いだした。
ノーナのvoと口ロロのvoのキャラクターもなんかかぶる。
ハッピーな感じが。

APOGEEは一番人気やった。
んー初めてみたけどいまいちルーツ(音楽の)がわからずで、
好みの色とも違ったので途中で帰ってしもた。
あ、でも声が凄くよかった。
草野正宗の声をより深くしたようなええ声。

ちゃんちゃん。
ほな。

JUGEMテーマ:音楽


2007.12.06 Thursday... comments(0) / trackbacks(0)
...re:OK COMPUTER !!
レディヘの最新作『 In Rainbows 』がマイスペで公開してた…。
これ、『 OK COMPUTER 』 と同じくらいの衝撃作やと思う。
夜中やのに変な汗かいてもーた。
やばい。
ほんま聴いてみて。

では。
2007.10.26 Friday... comments(0) / trackbacks(0)
...ギガントカコユス
おおきに。

今日難波のターレコで『 しょこたん☆カバー2 』購入。
マイフェイバリットアーチスト、川本真琴の『 1/2 』
名曲、エスパー魔美『 テレポーテーション 』やら
森口博子『 ETERNAL WIND 』も入ってるもんね。

が、と、一緒に。

The Films『 Don't Dance Rattlesnake 』も購入。
ちょっと前に発売されてたの知らなんだが…。

ジャケも音もギガントカコユスすぎ。

だから書きました。
マイスペースの動画もpsycho〜。

オススメ4649度:★★★★★

では。
2007.09.19 Wednesday... comments(6) / trackbacks(0)
...aiko 1.24 大阪城ホール
まいど。
もういっちょ、まいど。

行ってきた初のaikoのライブ。城ホールへ。
男子独りで、己の誕生日に。
いやーほっこりしたぜ。

aikoのライブ自体は同じ大学のときに学際でジャズピアノ科の子と二人で
歌ってやったのを観たのと、あと俺が働いてた店に『あした』のプロモで
インストアライブで来てやった以来。

にしても男おるのか?って思って行ったら意外に多かった。
aikoが『男子』『女子』『10代』『20代』とかって声かけたら
当てはまるお客さんが”ワーッ”ってなるんやけど、
30代の時には野郎の声が多めになって、
本人も『30代になると男子が増えるんよなぁ〜』とか言ってた。

ライブはすんげー、なんか愛しいというか、やさしいとゆーか、
一体感とゆーか、神がかったとゆーか、happyがつまったライブやった。
それもコレも彼女の人柄がそうさせてやるんやな。

彼女は終始飛び交うaikoコールにいちいち『あいよ、あいよ。』
ってあっち向いたりそっち向いたり、曲終わる度に深々お辞儀したり、
3曲位の1セット終わる度に『聞いてくれてありがとうございます』や
歌う前には『ひとりひとりに届きますように』とか、
『緊張しててゲリ気味やねーん』ゆーてみたり、
お客さんの『aikoサイコー!』って声に
『いやいや違う、ほんまにお客さんの方サイコーやねん、みんなが
おらんかったらこのライブもここまでやってこられへんかったもん』
とかとか、とにかく感謝の言葉いっぱいゆーてやった。
それ故にお客さんに愛されてて、
お客さんもaikoの為ならって元気ビームを送ってた。

彼女、感謝星人。
そしてお客さんからパワーもらって元気玉を放つ孫悟空。
みたい。

他のライブは観てないから分からんけど、
彼女は毎回こんな気持ちでライブしてるんやろう。

スバラシイ。

また行こう。そして次からアルバムも買おう。
(一枚も買ったこと無い、すまぬaiko。)

あ、バックバンドのホーンに大学で先輩やった
ブラックボトムブラスバンドメンバーが出ててはった。
aikoとは大学時代から交遊あったもんね。
それにしてもIGGYさんのメンバー紹介で吹いた曲を駄目だし
(ライブでは定番らしいが、aikoが毎回テーマを出して、
メンバー紹介のときにそれぞれテーマにあった曲を演奏して、
○か×をお客さんが判断する)された時の
あの何とも言えやん表情がオモロすぎ(笑)。
ちなみにテーマは”みんなが幸せになれる曲”で
IGGYさんの演奏曲は気志團のなんとかって曲。
確かに曲分かりにくかったっす。。。

あと思い出した。
『男子』ワーッ『女子』ワーッってやってた時に
『○×△○・・・!』って突然誰かの名前ゆって、
聞き取れやんかったんやけど、会場がザワついてた。
多分コブクロか誰か?が来てたみたい。
誰やったんやろ…。
どなたか知ってたら教えてくだぱい。


では。

2007.01.24 Wednesday... comments(0) / trackbacks(0)
...グレイプバイン 心斎橋クアトロ
ドーモサンキュー。
まだまだ耳鳴りが止まない。

グレイプバインのクラブサーキット行って参りました。
ほんまにちょうど一年前のツアーファイナル以来やけど
相変わらずいいバンドやった。嬉しいことに今回も男子がそこそこおったし。
ライブ自体は全体的にゆったりしてた様な気がしたなー、
余裕を感じたとゆーか、普通ライブやとテンポも早くなるもん
やのに、CDより遅いんちゃうかってのもあったし。
なんか、バンドが大きく感じた。成長というのか。
まーアルバム出したときのライブと出してない時のそれは
テンション的にもちゃうやろうし。
あ、決して悪い意味じゃなくてよ。

しかしクラブサーッキットは初めてやったけど、
毎回あんな渋い選曲なんかね。
田中さんもゆーてたけど、アルバム出してないから
レアな曲満載で行きますって。
でもファンにとったらあんなライブも嬉しいもんやね。
『初めてバイン見に来た人はゴメン、こんなバンドや思ってくれ。』
ともゆーてたが(笑)。
オレ曲のタイトルを覚えない人やから、
レポートにならねーな。。。
ただ、新曲やってた、数曲。
来年二月にシングル、その後アルバムなんやって!!
その告知のときの客の反応が、シングルよりアルバムの時に
盛り上がって、田中さんが、
『なんでシングルより盛り上がんねん!CWも力いれてつくっとんねん!!』
ってゆーてた。これはかなり本音とゆーか、CWの曲の方がそのバンドの
やりたいことが出来る気がするから、妙に納得した。
加えて今日のこのライブの選曲やし。
本人たちもこーゆー恐らく自分たち好みの選曲ができる
ライブってのはまた楽しいやろなぁ。

わしの音楽予報やと、今回の新曲を聴いた限りは、
派手さは無いけど、カッコイイROCKアルバムになるんちゃうやろか。
んにゃー今から楽しみだぎゃー。

では。
2006.11.24 Friday... comments(2) / trackbacks(1)
...音タイム 第四回『綾瀬はるか』
ヘロー。

『H2』読み終えた。
ああー甘酸っぱいなーあだち充作品は。
次なに読もうか。

久々の音タイム、今回は意外?綾瀬はるか。
もともと”セカチュー”で好きではあったんやけど。
小林武史が曲書いてるって言ってたからどんなんか聞いてみたけど、
曲は当然、声がよく、ファンになりました。
詳しい情報はないから今回はそれだけ。
このまま続けてほしいな。
アルバム出たら買いそうや。
もうちょっと口をあけて歌えば多分もっといいくなる気がする。

では。

関係ないがグーグルアース、ありゃきっとタモリ倶楽部でとりあげられるな。
2006.09.16 Saturday... comments(0) / trackbacks(0)
...グレイプバイン ツアーファイナル『憧れてたダ・イ・バ』
はい。
という訳で、本日は友人ゴン太くんと
男子二名でお台場のZeppTokyoへ。

いやーよかった、よかった。
グレイプバインツアーファイナル。
今までで一番や。てまだ三回目やけど。
確かにツアー二日目の田中和将の公言どおり、
あれがこーなってこれがあーなってた。
…よ〜な気がする。
二日目の曲順とか覚えてないからアレやけど、
単純にのりやすかった。練りに練ったんやろな〜。
加えて今日はメンバーもノリノリやった、
西川弘剛はギターギンギンに鳴ってて渋かったし、
亀井亨もドラムバシバシ決まって腰にグッとくる演奏やった。
田中和将の、『来年もこのメンバーでここに集合やぞ』なんて、
おそらく普段は言わんようなリップサービスも、
本気でゆってるような感じで。
最後やし、ちょっと感傷的やったんかな。

で改めて思ったけど。
やっぱりライブって照明すごい大事やなー。
初めてRADIO HEADのライブ観たときも
スゴイ照明カッコ良かったん憶えてるけど、
曲と照明がピッタリハマルと、
やっぱ客も入り込むし、
やってる方も絶対テンション違ってくると思う。
アンコールの俺の好きな曲
『光について』の照明なんて、
ほんまめっっちゃカッコ良くて、
鳥肌もんやった。
照明にも100%センスが必要。
どなたか存じませんが、照明の方、
ベリーサンキュー。わたくし感動しました。
あっオレ何観てるねん…。

そうや、スペシャルゲストに”つじあやの”を
迎えて『Shiny Day』をやってくれた。
やっぱツアーファイナルには来るもんやね。
ラツキーだ。
演奏中は普段のバインのライブとはまた違った、
あったかい空気につつまれて、素晴らしかった。
さてはあれが、つじあやのワールドだな。

まぁ、そんなこんなで、とにかく最高やった。
あ、でも何かの間奏でシンセの音か、
田中和将のギブソンSGの音かどっちかで、
耳が潰れそうなった…キツかった。
嗚呼、静かな部屋で耳が鳴る…。


では。
2005.11.25 Friday... comments(9) / trackbacks(0)
...グレイプバイン シーブーヤAX!! 1020
はいはいはいはい。
コンバンミ。

2005.10.20 渋谷AX グレイプバイン
とゆーわけで、行ってまいりましたグレイプバインのライブ。
いやー天気もよくてよかった。
チケット買う時、初日か二日目かどっちにしようか迷って、
初日って様子見るやろうからって思って、二日目にした。
で、今日ライブ始まって田中和将の歌い始めた時、
あーー失敗したぁーーーってなった。
いきなり声がかすれてたんよね。
がしかし、曲が進むにつれどんどん調子が上がってきて、
結局ちゃんと歌い上げとった。さすがです。プロやから?
さすがにアンコールはキツそうやったけど。
前から思ってたんやけど、声質が細い割に喉が強いんじゃなかろうか。
あんなにシャウトしてたら、普通喉潰すぜ。

で内容は、すげーよかったはよかったんやけど、
正直に書くと、前のタワレコの無料ライブの方がよかったかな。
もちろんある一定のレベルは超えているが。
今回は少しだけ壁を感じてしまった。。
まぁタワレコは時間も短かったから、盛り上がる曲も詰めて、
比較的曲順とかも組みやすいんやろうけど。
今日はやっぱりまだ二日目で、手探り状態な感じが伝わってきてしまった。
しかも特に今回のアルバムは、乗り方が難しい曲が多いんよな。
客も乗り切れてないところに『放浪フリーク』とか割と前半で始まった時、
わーこの曲もっと後でもええんちゃうかなぁーて個人的に思っちまった。
アンコールで田中和将も、
『今日は二日目やけど、これからまたどんどんどんどんと・・。
ラストのZEPPでは、あの曲がこーなって、ここがあーなって
みたいなことになってるから、ZEPPにも来てくれよー!』
って言ってた。やっぱ感じてたんやろな。
しかしアンコールは、比較的大人しめのバインファンもタテノリ全開。
はたして、ラストのZEPPでどんなことになってるのか、確かめに行かねばならぬ。
あ、タワレコライブでは見えなかった、亀井亨が見れたのが嬉しかったなー。
あと西川弘剛はカッコええーギターを、やっぱ口半開きで弾いとった(笑)。

ふと思った事。
AXさん、照明の凝るところと、凝らないところの差が激しくないですかい?
演出かね。

では。
2005.10.21 Friday... comments(2) / trackbacks(1)
...音タイム 第三回『小島麻由美』
good evening evryone.

金木犀がいい匂いやね、なんや秋は切ない。
さて、音タイム第三回を始めてみようか。

今回紹介するのは、小島麻由美。
Do you know her?
これまたわりと昔から好きなんです。
家近いはずなんやけど、未だ見かけた事は、無い。
何がええって、ノスタルジックな声とメロディー+アレンジ。
ちょいエロくて舌足らずな甘いその声に、
オレは日本の気怠い夏を感じる。というか似合う。
前から思ってたんやけど、aikoの声をエロくした感じだ。
いや小島麻由美の方が古いから、aikoが小島麻由美に似とるんや。
aikoについてはまた後日語ろう。
それにしてもポニーキャニオンのアーティスト好きになる事多いな。

また、それた。
ほんで、アレンジが小島麻由美サウンドの肝。
おそらく最初に知ったのは、オレがジャズの近くに身を置いていた頃、
このビッグバンド風のアレンジの曲にええ感じで歌ってるねぇちゃん誰や?
って思って知ったと思う。
今でこそ普通やけど、当時なかなか新鮮やったんよ。

菊池成孔
(きくちなるよし←”せいこう”って読んでた。)ってゆー、
サックスプレイヤー兼文筆家の兄ちゃんがよくアレンジしてるんやけど、
彼、玄人受けする音楽家で、つかみどころが無いんよなー。
ここでどう書いたらいいかよくわからん。。。
最近活動が活発で、CDだしたり本出したりしてる。
哲学的で飄々としててカッコよいAB型。
サックス吹く人って哲学的な考えの人が多い気がするなぁ、あ、オレは真逆。
デートコースペンタゴンロイヤルガーデンというこれまた渋いバンドもやってる。
さらにギターも塚本功ってゆー、超渋い音出すギタリストが毎回参加してて、
やっぱアレンジとかバック陣が渋いな〜。

ライブ盤の歌は外しまくりやけど、
彼女はそれがまた良かったりするんよね、
なんなんやろな、キャラかな、いや声がそうさせるんやろな。
で好きな曲は『わいわいわい』(←着歌持ってる。アホみたいでグッド。)
や『はつ恋』(←たしかカルビーのCMで使われてた。)とか、
いっぱいあるんやけど、一番は『真夏の海』・・・べた?。
この曲べたやけどええよ。日本人好み。夏の定番。今、秋やけど。

夏が来るたびに、あの海へ行きたくなる・・・。


では。
2005.10.10 Monday... comments(7) / trackbacks(1)