日々の事、人、物、音、言葉、場所、思いなどを徒然に重ね、
立体的に絡まった脳を解いていく孤独な作業場。基本ゆるく。
星間飛行
星間飛行 (JUGEMレビュー »)
ランカ・リー=中島愛,松本隆,一倉宏,安井かずみ,阿佐茜,菅野よう子,保刈久明
松本隆さんの歌詞と菅野ようこさんの曲が素敵まっちんぐだー☆ミ
I LOVE TM NETWORK
I LOVE TM NETWORK (JUGEMレビュー »)
KEI KOHARA+LIFE,KEI KOHARA,LIFE
交響詩篇エウレカセブン 7
交響詩篇エウレカセブン 7 (JUGEMレビュー »)

26話『 モーニング・グローリー 』オアシスの名曲のタイトル、グッとくる。
Get Adobe Flash player
...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.08.31 Sunday... - / -
...スカイ・クロラ
ハロ。

今日DMCを横目に押井守監督の『スカイ・クロラ』観た。

よかった。

音も映像も俳優陣で揃えた声優もシナリオも全部。
台詞、決して多くはないけど一言一言に重みがあって、
後に読んだパンフレットにも書いてた、
監督の今を生きる若者へのメッセージが確かに伝わった。

『声高に叫ぶ空虚な正義や、紋切り型の励ましではなく、
静かだけれど確かな、真実の希望を伝えたいのです。』

エンディング終了後の”スイト”の最後の台詞に、
この映画の全てが凝縮されていて、鳥肌し涙。

傑作。是非。

デハ。

※事前に『スカイ・クロラ』サイトで予備知識を入れておく方のをオススメ。


JUGEMテーマ:映画
2008.08.30 Saturday... comments(4) / trackbacks(43)
...ポニョ
ぽーにょ ぽーにょ さかなのこ〜

にーはを。

レイトショーで『 崖の上のポニョ 』を見た。
何の前知識もなく見たん。
今時のアニメでは珍しくオール手書きなんやけど
どのシーンも愛らしくメル〜ヘンティック。
素朴な内容の豪華な絵本を見た感じで、素敵やった。
けど、おっさんが一人で見に行く映画ではないこともわかった。
から、見終わったあとなんだか恥ずかしかった。

今宵は月夜が美しいです。

では。

JUGEMテーマ:映画
2008.07.20 Sunday... comments(3) / trackbacks(0)
...祝 エウレカ 映画化!
お久しプリマドンナ。

せっかく桜咲いたのにここ数日の雨ですっかり葉桜具合が進んだに。
まぁ休みの日の雨好きやけど。

たまたまパラパラめくった今月のNEW TYPEに、
『 交響詩編エウレカセブン 』の映画化が載ってた。

超楽しみや…。
初回版DVD全巻持ってるほどの好きなアニメなんよね。

アニメ三昧のオタライフを送っていると未だに、
グレンラガン見て、うわっつタルホや!
ガンダム00見て、うわっつホランド&またタルホや!
狼と香辛料見て、うわっつエウレカ&アネモネや!
灼眼のシャナ見て、うわっつレントンや!
とめちゃ反応してた。

声優に詳しくなりつつあるおっさんがここに。。

では。
JUGEMテーマ:日記・一般

2008.04.10 Thursday... comments(0) / trackbacks(0)
...映画二本
MAIDO。
あ、MANDO DIAOに似てる

一日は映画の日。
休みなのに会社の健康診断に行ってきた帰り、2本観てきた。

『黄色い涙』主演:嵐
『神童』主演:松山ケンイチ 成海璃子 

ー黄色い涙ー
マツジュンの方言が妙にハマル
結局、仕事をすることになるのが若くもない俺と重なる

ー神童ー
マンガの予習はしといて正解
音大ってだけで単純に重なる
実際に主演の二人がピアノを弾いてるシーンがある
弾き方は素人ってわかる人にはわかるけど
並みの練習じゃなかったこともわかる
特に成海璃子
彼女に惚れた
おれほれやすい

両作品とも音楽が素晴らしい☆
『黄色い涙』サケロック
『神童』ハトリミホ(チボマット)原田郁子 和久井冬麦(リアル神童 12歳)他

内容も音楽も両作品よかったのだ、俺には。
帰り『神童』のサントラをタワレコで買って帰った。


では。
2007.05.01 Tuesday... comments(2) / trackbacks(0)
...男はソレを我慢できない を
はうす。

『 男はソレを我慢できない 』をDVDで観た。
アマゾンではたいがい不評やけど、
感想は。

なんや、おもろいやん。

個人的にあの映画の撮影直前頃に下北を去ったもんとしては、
映像に移る殆どの路地がいちいちわかってもうて、
すんげー懐かしかったりたりたり。
郷愁か?いや、それを差し引いても、
バカ映画やけど、いいやん。
あんなのもあって。

個人的に笑ろたのが、
安齋肇の登場シーン。
すてきだったのは、
小島麻由美のLady Janeでの唄と
やはり鈴木京香の”STARDUST”

よければ観てみて下さい。
ストーリーに期待はせずにね。

まーでも映画館で観たら変に緊張してアカンかな、
周りに他人がいて観る映画でもないのかも。
一人で観るか、バカ友達と観るのが個人的にはよかと。
監督、次も創って下さい。

では。
2007.03.31 Saturday... comments(0) / trackbacks(0)
...年の瀬に、鉄コン観た。
あろー。

『鉄コン』観てきた。
だから次まではテンプレートもこれで。

ニノの声はしっくりきてるやろーと観る前から思ってたけど、
観てみたら蒼井優のしっくり具合に、胸がキュンとなりました。
あー、映画もよかったし。
安心安心。
でも漫画は読んでいった方がええね。

では。
よいお年を。
2006.12.29 Friday... comments(0) / trackbacks(0)
...葉月:映画三昧
ぷるるーぴぷー。
んちゃ。


ぎんぎんぎらぎらの〜夏なんです♪
       by はっぴいえんど

関西は暑いね、これぞ夏でよい。

今日休みやったから朝から一人で
チャリで映画見に行きよったら、
なんと映画の日で1000円やったもんで、
豪華二本立てで観てやったvv。
『ゲド戦記』だけのつもりが
『パイレーツオブカリビアン2』も。

ゲドの感想は・・・自分の目で確かめてくだぱい。

しかし最近のなんてゆーの、”シネコン”?
てのは、席がえらべるんな〜。すんごいな〜。
あと前売りチケットには特典が付くんな〜。
オレなんて、鉄コンと花田少年史とパイレーツ3の
前売り買ってもーた・・・。特典に惨敗。
それぞれ特典は順番に、ピンバッチ、
ミニフィギュア、キューブリック。
んでも鉄コンのピンバッチはシロとクロの
どっちか一つでよー。やっぱりシロにした。
両方ほしかったけども。
二人で一人。両方そろって、ネジが揃うのにな。

でも特に花田少年史のミニフィギュアはオススメやよ。
映画も面白そう。是非前売りをば。


では。
2006.08.01 Tuesday... comments(0) / trackbacks(0)
...映画『サヨナラCOLOR』
はい、とばします。

久々の休みを利用して、渋谷に映画を観てきました。
観てたら途中で地震があったんよね、怖かったしちょっと残念。
あと、ユーロスペースのスタッフに一言。
せっかくいい映画多く上映してるんやから、
CMから本編に切り替わる時ちゃんと照明落としやがれ、うんこたれ。

いや最初の2〜3分照明落ちひんかってん。
なんやこれは、こういう演出か?とか思って気にしてたら、
たらやっぱり途中で申し訳なさそうに照明落としていきやがんの。
バイトかもしれんが、しっかり仕事して下ぱい。

あと、ほとんどわかったのに斉藤和義と田島貴男のカメオ出演には気づかず、
エンドロールで知ったのも残念。ノーマークだったのが悔やまれる。

では。
以下、マッチョな感想。


8月16日(月)映画『サヨナラCOLOR』について

おかしくて、やさしくて、かなしくて、てれがあって、てきどで、あおくさくて、
すなおで、そぼくで、つくりこみすぎてなくて、かっこよくて。

いい映画なんだけど、100%いい映画観たなといった感じじゃない。
悲しいんだけど入り込めない、入り込ませない照れたように芝居じみたところ。
最近どれだけリアルにつくれるかを重要としている映画が多い中で、
観客を感動させてやろうとつくってから、一度壊して、
もういちど力を抜いて、ラフにつくったような感じがした。

こんな感じ方、俺は多分すれている。

もちろん本気でつくってるだろうが、無意識でこの雰囲気をつくりだす、
竹中直人は本当にバランス感覚が素晴らしいんだな。

結局、俺この映画すごい好き。
監督の人柄が、彼の照れとやさしさがにじみ出てた素敵なそれ。
個人的には、最後の最後でサヨナラCOLORのイントロが流れ出した時、
突然にグッときた。
周りはちらほら、その前から鼻じゅるじゅるいわせてたけど。

また竹中直人が好きになったよ。
そして原田知世はすごいチャーミングだ、彼女に惚れちまった。
でも監督の役、あんなのズルい役すぎる・・・。

                           以上

えーと、こんないちいち事考えながら観てたわけじゃないからね。
観てるときは無で、家に帰っていわゆる頭解したら、こんな言葉がならんだまで。
あ、あと内容とは別に、フランス映画っぽいと少し思ったなー。
フランスの話がちょくちょく出てきたからではなく、
撮り方というか、匂いというかなんというか。。
よかったら、観てくだぱい。

では。
2005.08.16 Tuesday... comments(8) / trackbacks(8)